リレンザ

健康な人も常備しよう「リレンザ」

インフルエンザはリレンザが開発されるまで、対処療法の手段しかなかった感染症です。
対処療法とはウイルスの原因を抑えるのではなく、今みられる症状を和らげる方法で、インフルエンザでは解熱などがこれにあたります。
リレンザが開発されると、画期的な治療法として瞬く間に世界中で利用され、現在は別の治療薬が主に利用されていますが、現在でも十分な効果を発揮する薬として常備薬のひとつとなっています。
リレンザはノイラミニダーゼ阻害薬に分類され、その作用機序には、ウイルスが増殖するために必要な酵素であるノイラミニダーゼを抑えて、全身にウイルスが広がるのを抑制します。
その効果は、発熱などが発症してから48時間以内に使用することで、インフルエンザの症状を和らげるとともに、発症期間を短縮することができます。
このウイルスを抑制する効果から、治療薬だけでなく予防薬としての使用も許可されており、条件さえ合えば予防薬として病院で処方してもらうことも可能です。
二次感染を防ぐ観点からも利用されますが、万が一感染してもそのままリレンザを使った治療が可能で、重症化しやすいインフルエンザでも症状を軽くすることができます。
リレンザはその他の抗インフルエンザウイルス薬の様な錠剤ではなく、吸入器を使用したタイプで、薬剤を直接吸うことで喉の粘膜からすぐに体内に吸収されます。
粘膜から吸収するので短い時間で効果を発揮し、携帯しやすい形状、場所を選ばず水も使わないという利点からも、リレンザが予防薬として優れた薬であることがわかります。
予防薬として使用する際は1日1回で10日間の吸入を行うので、職場や学校でインフルエンザが流行しだした時期に合わせて使用すると良いでしょう。

リレンザを含む4種類の抗インフル薬の種類

リレンザは抗インフルエンザウイルス薬の中で、最初に開発されたことから有名になり、現在でも頻繁に処方されています。
特に10~20歳未満の人には第一選択薬とされているので、その年代の人なら見たことがある薬でしょう。
特徴としては専用の吸入器を用いた服用方法で、口腔内に成分であるザナミビルを吸入し、粘膜を通して体内に吸収されます。
数十秒で体内に吸収される即効性があり、ウイルスの耐性がいまだ発見されていないのがメリットです。
リレンザ以外にも抗インフルエンザウイルス薬はあり、主に4種類が存在しており、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類され、A型およびB型に効果を発揮します。
なおC型はノイラミニダーゼを持ち合わせていないので、リレンザなどの4種類の抗インフル薬は効果が期待できません。
治療薬の作用は全て同じですが、成分や服用方法の違いから、患者の症状や感染状況を見て、医者がそれぞれに適した処方をします。
最も多く処方されるのはオセルタミビルで、唯一の経口薬となっており、全身に薬の作用が広がることと、インフルエンザA型に特に効果が発揮されることで利用されています。
ただし、有名な異常行動の副作用から、10~20歳未満の子どもには処方が控えられています。
特徴的なペラミビルは、点滴注射薬となっており、リレンザなどの経口からの服用が難しい患者に使用され、体内に直接取り込まれることから、約15分の点滴を1回投与するだけで治療が完了します。
リレンザと同じ吸入器による服用を必要とするラニナミビルがありますが、両者に効果効能の大きな違いはなく、吸入にかかる回数がリレンザでは2回なのに対し、ラニナミビルは1回で済むことから、5歳以上の子どもや、10歳以上でも吸入が難しい場合にはラニナミビルを優先して処方するようになっています。

インフルエンザとノイラミニダーゼという酵素の関係

インフルエンザを発症すると、通常の風邪よりも重い症状となり、高熱が出るうえ、頭痛や筋肉痛、関節痛が起こります。
重症化すると、命の危険があるので、感染が広がりやすい12~3月には予防に気を付け、早く治したいときや、予防したいときはリレンザを使うようにしましょう。
インフルエンザウイルスには、A型とB型、C型の三つの種類があり、毎年広がるウイルスはA型とB型になります。
A型インフルエンザウイルスには、ノヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)という酵素が存在し、ノヘマグルチニンは16種類、ノイラミニダーゼは9種類の型があることがわかっています。
A型インフルエンザウイルスの種類は、この組み合わせで決まるため、1型のノヘマグルチニンと1型のノイラミニダーゼだと、H1N1のウイルスとなります。
人に感染して流行する種類は、ノヘマグルチニンが1~3の型、ノイラミニダーゼは1~2の型なので、インフルエンザウイルスの組み合わせは6種類しかありません。
A型とB型インフルエンザウイルスに効果がある治療薬にはリレンザがあるので、インフルエンザかなと思ったら、病院で診察を受け、処方してもらうようにしましょう。
インフルエンザウイルスが増殖しないよう、抑制することが出来るので、それほど重症化することなく、短期間で健康な体を取り戻すことが出来ます。
通常、48時間以内にリレンザを用いれば、高い効果があるので、熱っぽかったり、体がだるいと感じたら早めに使用することをおすすめします。
リレンザは個人輸入代行通販に注文することでも、手に入りますから、いざというときのために購入しておくとよいでしょう。
そうすれば家族の誰かがインフルエンザにかかっても、すぐに対処することが出来ます。