リレンザ

富山化学工業のアビガンとリレンザの違い

アビガンとリレンザは共にインフルエンザの治療薬として開発された抗インフルエンザウイルス薬ですが、作用機序がそれぞれ異なり、感染状況や症状によって使い分けられています。インフルエンザはウイルスが体内に侵入すると、粘膜を通して細胞内に入り、増殖するためにRNAと呼ばれるウイルスの遺伝子を放出します。この時、放出されたRNAはRNAポリメラーゼと呼ばれる酵素を用いて遺伝子合成を行いますが、富士化学工業の開発したアビガンは、RNAポリメラーゼを阻害することで増殖を抑えます。また、ウイルスは増殖した後に別の細胞へと移動するために、自身を細胞から切り離すためにノイラミニダーゼと呼ばれる酵素を必要とします。そこでリレンザの成分がノイラミニダーゼを阻害することで、ウイルスが他の細胞へと移動するのを抑え、症状が重症化することを防ぎます。アビガンはRNAポリメラーゼ阻害薬でウイルスの遺伝子複製を防ぎ、リレンザはノイラミニダーゼ阻害薬としてウイルスを細胞内に閉じ込めて増殖を防ぎます。アビガンはこの作用機序からインフルエンザウイルスの種類を問わず抗ウイルス作用が期待できると言われながらも、副作用の問題や耐性菌の問題から、条件付きで製造・販売を行うことを指示されています。条件は「新型および再興型インフルエンザ感染症」が流行した際に、「他の治療薬が無効または効果不十分」と国が判断した時のみで、通常では処方されることのない治療薬となります。アビガンは条件付きとなり一般的には流通しない薬となってしまいましたが、その後にエボラ出血熱にも効果が期待できるとして、現在はエボラウイルスに対して臨床試験を行っているようです。