リレンザ

抗体がある人もリレンザで感染対策をしよう

インフルエンザは流行感冒症の中でも最も恐ろしい感染症です。風邪とは違い、40度近くの高熱が出て重篤な状態になりやすいためです。インフルエンザを放置していると、体の中でウイルスがますます増殖し、やがて肺炎や脳症を患うようになり最悪の場合死に至ることもあります。インフルエンザは毎年流行し、感染すると体に抗体ができます。一度感染したウイルスに対して体は記憶し、それに対してブロック機能が働きます。同じ原理でインフルエンザの予防接種も体の中に抗体ができます。現代では3種類から4種類程度のウイルスの抗体ができるようになっています。インフルエンザの予防接種をすると一度に数種類の抗体を体の中に作ることができ、高い感染予防対策になります。しかし昨年インフルエンザに感染したからと言って、またインフルエンザの予防接種をしたからといって今年は絶対に感染しないと安心できるものではありません。インフルエンザのウイルスは日々進化し、微妙に型を変異させたり、新たなウイルスが発見されたりします。こうしたウイルスが体に侵入すると、抗体があっても感染して症状が発症してしまいます。そのため更なる感染予防対策が必要になります。その対策とはインフルエンザの治療薬であるリレンザを感染のピーク時や感染の前兆を感じたときに吸入すると良いと言われています。リレンザは粉末の吸入薬であり、肺に薬を充満させてダイレクトにウイルスの増殖を食い止めたり、侵入をブロックする効果が期待できます。そのため感染の前兆である喉の痛みや頭痛を感じても、リレンザさえ吸入していれば重篤化する心配がなく、軽症で済むようになります。リレンザは医療機関でしか手に入らないイメージですが、今ではネット販売や個人輸入で手に入れることができます。特に持病がある人はシーズン中、吸入し万全の対策をとっておくと良いでしょう。